料金について

実費、報酬金、着手金。
債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、支払う費用にはこんなものがあります。
費用の金額は、処理するケースによって異なります。
依頼する場合は、相談の段階でトータルでどれくらい費用が必要か、分割払いに対応しているのか、などを確認しましょう。

着手金

依頼後、処理や手続きなどを弁護士などが進めていく上で必要なものが着手金で、扱いとしては、委任事務処理の対価として考えられます。
司法書士事務所は、「初期費用」などと表示していることがあります。

報酬

報酬とは、手続き等が完了したときに成功の度合いに応じて委任事務処理の対価として支払うものです。
債務整理では、債権者数で金額を固定してある場合や減額報酬をとっている事務所もあります。
また、過払い請求では返還金に対しての割合で報酬を決定している事務所もあります。

実費

郵便切手代、交通通信費、宿泊料、収入印紙代、謄写料などにあてはまるものが実費と呼ばれるものです。
それ以外では、事務所によって、供託金、保証金、保管金などもあり、必要に応じて請求されることもあります。
最初にだいたいの金額を支払っておき案件が終わった後に残りの費用を支払う場合と、依頼した件が全て終わったあと請求する場合等、請求方法が事務所によって異なります。

(注)当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなどの専門家へ相談することをおすすめします。
『 債務整理用語集 』