改正貸金業について

2010年6月に完全施行された改正貸金業法により、金利の適正化(グレーゾーン金利を廃し、上限金利を20%に引き下げる)、過剰貸付の抑制するため総量規制を導入し返済能力を超えた貸し付けが禁止になりました。
この他にも、多重債務問題の解決ため改正された項目があります。
特に、総量規制の導入により、借りては返すといった多重債務者に特有の借り方が難しいため、返済困難な債務者が増えているのも現状です。
返済ができないからといって、その場しのぎで闇金融から借り入れするという方もいますが、決して借りてはいけません。
現状よりさらに困難な生活に追い込まれる可能性が高いからです。

すでに返済が苦しいのであれば、無料相談を行なっている弁護士・司法書士に一度相談してみてください。

(注)当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなどの専門家へ相談することをおすすめします。
『 債務整理用語集 』