金利の計算

とっても簡単!利子の計算法。

この計算に必要なのは、あなたが申請しようとしている会社のいわゆる年利と言われる実質年率のみ。
8.0%、15.0%、17.80%、29.2%など、会社によってばらばらな実質年率です。
どこの会社でも、広告にはこの実質年率を書き記してあるので必ず確認してください。
実質年率を書き記してない会社は、ヤミ金融業者の可能性があります。
そんな時は気をつけましょう。

◆計算前チェックポイント◆
①実質年率(何パーセントか)
②借りる金額
③借りる日数

実質年率などをチェックしたら、この計算式にあてはめるだけ。

【利子の計算式】
借金する金額×実質年率(%)÷365日×借りている日数=利子
※キャッシングの利子は日割り計算です。なので、365日で割ります。

アヴァンス法務事務所■例1)10万円を、8.0%の実質年率で、30日間キャッシングする時は・・・?
借りる金額×実質年率(%)÷365日×借りている日数
=100,000円 × 8.0% ÷ 365日 × 30日 = 657円

アヴァンス法務事務所■例2)5万円を、29.2%の実質年率で、7日間キャッシングする時は・・・?
借りる金額×実質年率(%)÷365日×借りている日数
=50,000円 × 29.2% ÷ 365日 × 7日 = 280円

(注)当サイトに掲載している弁護士・司法書士はヤミ金融問題に対応しているとは限りません。
ヤミ金融被害の相談は、エストリーガルオフィスなどの専門家へ相談することをおすすめします。
『 債務整理用語集 』